NEWS

専門知識がなくても契約書のレビューや作成を行える、法務サポートAI『り~が~るチェック』英文契約書に対応

2020年01月31日配信

法務サポートAI『り~が~るチェック』の英文契約書サービス提供を、2020年2月1日から開始いたします。

 

 

り~が~るチェック

 

■『り~が~るチェック』英文契約書サービスの機能概要

1.法律文書に特化したAI翻訳
英文の契約書に特化し、翻訳精度を高めた独自AIにより、自動で和訳を実施します。
英語が得意な方も、そうでない方でも、素早く英文契約書の内容を把握する事ができ、社内外向けの論点整理をスムーズに行う事が可能になります。
2.国際取引特有の「リスク洗い出し」と、「抜け漏れチェック」
貴社の立場に応じて、欠落条項、要注意条項等を検知します。今まで目視等により、本や過去の契約書と比較し、確認していた手間と負担を、軽減できます。
3.英文契約書専用の条文解説
国際取引を専門とする弁護士作成の条文解説が表示できます。国際取引のリスクや英文契約特有の条項の解説などをご提供します。
4.お勧めの代替条文案の提示
各立場に応じて(売主、買主など)、お勧めの代替条文案を提示し、どのように修正すれば有利になるかをお知らせします。

 

■『り~が~るチェック』の特徴

1.契約書自動レビュー
契約書ファイルをアップロードし契約時の自社の立場を選択すると数秒で、手本となる文案、欠落条項、要注意条項、解説等を自動表示します。
高度な専門知識を要せずとも、レビュー工数を大幅に低減することができます。また、変更した方が良い条文について、なぜそのような変更をした方が良いかなども詳細に解説します。

2.契約書雛形(り~が~るベストテンプレート)提供
契約書を新規作成する際に、弁護士作成の雛形を提供します。条文毎に、注意点、論点になり易い点などに関する、解説が盛り込まれています。
契約書作成の作業工数を削減できると共に、紛争を避けるために重要となるポイントの解説も確認することができるため、自社にとって安心できる契約書を簡単作成することが可能です。

3.契約書雛形管理
自社の契約書雛形を登録し、管理する事ができます。同時に、過去の事例等を、条文毎に管理・登録できるため、属人化を避け、社内にノウハウを蓄積することができます。
契約内容で注意が必要な条項を社内共有できることで、案件毎に発生してきた法務以外の部署への説明の手間を省くことができます。

4.料金体系
月々2万円~ お手軽に始められます。さらに、今なら特別キャンペーン実施中!

 

■『り~が~るチェック』導入方法

現在は、お問い合わせ頂いたお客様に対してのみ、サービス導入をご案内させていただいております。
導入をご検討中のお客様からの、ご質問にもお応えさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
https://lisse-law.com/service/

 

■お問い合わせ先

会社概要
商 号:株式会社リセ
代表取締役:藤田 美樹
設 立:2018年6月
所在地:東京都渋谷区桜丘町4-17
事業内容:企業の法務業務支援システム開発
コーポレートサイト:https://lisse-law.com/
採用情報:https://www.wantedly.com/companies/company_9036070
本件に関するお問い合わせ先
株式会社リセ 広報担当
Email:info@lisse-law.com


記事一覧

2020年11月18日 DIAMOND Signalにて、当社記事が掲載されました。
2020年11月18日 TechCrunchにて、当社記事が掲載されました。
2020年11月17日 中小企業の法務部門DX支援のリーガルテックを提供する株式会社リセが、ミロク情報サービスと個人投資家から2億1570万円の資金調達を実施
2020年10月29日 PRESIDENT WOMANにて、当社代表の藤田の記事が掲載されました。
2020年10月28日 業界最低価格の法務AI×法務アシスタントサービスによって、 法務不在でも、低価格で専門家級の契約書レビューが可能に。 法務関連ツール運用サポート「My Legal Assistant」と連携しました
2020年09月02日 英文対応も可能!契約書レビューAIクラウドサービス「り~が~るチェック 」が、 経済産業省推進の「IT導入補助金2020」対象ツールに採択
2020年06月03日 【ウェビナーご案内】AsiaWise法律事務所共催「AW Webinar 実務シリーズ #1『アジア電子契約の実務 -加速する契約のデジタル化-』」

カテゴリー

お知らせ
セミナー
プレスリリース
メディア掲載